消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違い

2月 13th, 2015

キャッシングを始めるときは一番借りやすい消費者金融を利用するのか、銀行を利用するのかを選ばなければなりません。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの大きく違うところは、消費者金融を利用してキャッシングをするときは貸金業法の総量規制から融資限度額は年収の3分の1以内と決められていますが、銀行は銀行法が適用されるので銀行の審査に通れば年収に関係なくお金を借りられます。
たとえば年収が300万円の人が消費者金融を利用するときは融資限度額は100万円までとなりますが、銀行で融資を受けるとき銀行それぞれで審査基準の違いもありますが、おおむね融資限度額は150万円くらいの設定になるようです。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いは、審査内容や金利に違いがあります。
消費者金融の審査は銀行に比べてとおりやすくてスピードがはやく、銀行の審査は低金利でお金を貸すために審査が慎重になり、そのために時間がかかるということがあります。
金利面をみると銀行カードローンの金利が低く、消費者金融は銀行に比べると金利が高くなっていますが、消費者金融は銀行からお金を借りて貸出しをしていますので銀行と比べて多少高くなるのはしかたのないことかもしれません。
キャッシングのえらびかたとして、すぐにお金が必要なときは審査がとおりやすく審査時間も短い消費者金融のキャッシングになりますし、少しでも金利を低くおさえたいときは銀行カードローンの利用を考えるということになります。

Tags:

今すぐお金を借りる

2月 12th, 2015

今すぐお金を借りる方法として、消費者金融の今すぐ借りるキャッシングや銀行カードローンで契約をしてればお金が必要なときはいつでもお金が借りられます。
日常生活の中で、急にお金が必要になったことや、お金を出したいけれど土日で出せなかったということは誰もが経験したことが有ると思いますが、キャッシングの即日融資を申込めば土日でもその日のうちに融資が受けられます。
キャッシングができる条件として、20歳以上で安定した収入があるというのが申し込み条件となっていて、審査は安定した収入があるかどうかを判断し、融資限度額を決めますが消費者金融と銀行カードローンでは融資限度額に違いがあります。
消費者金融は貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限があるので年収の3分の1をこえる融資は受けられませんが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので銀行の審査に通れば年収に関係なく融資限度額が決まります。
消費者金融はこれまで積み上げてきたノウハウやシステムがあるため、それらを使いわずか30分で審査が終わるといったスピード審査で即日融資を可能にしています。
銀行カードローンでも「バンクイック」や「レイク」など審査が早く即日融資が可能なところもありますが、なかには事前に口座を持っている必要があったり、契約書は郵送になっているところも多く、即日審査がおこなわれても即日融資はあまり期待できないようで、今すぐお金を借りるときは消費者金融が適しているのではないでしょうか。

Tags:

ダイレクトワンの即日融資

2月 7th, 2015

スルガ銀行のダイレクトワンは、スルガ銀行のグループ会社が運営するキャッシングで、スルガ銀行にはカードローン「リザーブドプラン」がありますが、「ダイレクトワン」は消費者金融系になるので注意が必要です。
スルガ銀行は、地方銀行ですがインターネットバンキングで全国展開している銀行で、グループ企業のダイレクトワンも、インターネットを利用して全国から申込を受付けています。
申込条件は年齢が20歳〜69歳までの安定した収入のある人なら誰でも申し込み可能で、自身に収入があれば主婦、パート・アルバイト、学生でも申込が可能です。
ダイレクトワンはスルガ銀行の口座がなくても申込は可能ですが、スルガ銀行ダイレクトワン支店で口座を開設して利用すると、提携ATMの利用手数料が無料になるといった特典があります。
100万借りたい申込方法は電話、店頭窓口、インターネットが利用でき、審査スピードがはやいことから即日融資も可能で、最短で融資を受けるには店頭窓口から申込が最短で30分で終わるので急いでいるときは店頭窓口からになりますが、店舗が全国に10カ所と少ないためほとんどの人はインターネットか電話での申込みになり、必要書類をFAXで送れば即日融資が可能になります。
インターネットか電話で申し込んだ場合、契約書類をFAXまたは郵送になり、ダイレクトワンが契約書類の確認ができたら、そのあと指定した銀行の口座に振り込みで融資してもらうことができ、キャッシングカードは後日郵送されるといった流れになります。

Tags:

簡単にお金を借りることができる所ってどんな所ですか?

1月 17th, 2015

どうしてもお金を借りなくてはならなくなった時、一番簡単にお金を借りることができるのは、親ではないかと思います。利子も返済の期日も気にせずに、「お金を貸して」と頼めるのは、親くらいでないでしょうか。
しかし、親というものはいつまでも、元気でいるわけではありません。頼りにできるのはせいぜい20代までが限界でしょう。ずっと頼りにはできません。その後のお金の問題は自分で何とかしなくてはなりません。では、どうお金を工面するか。
消費者金融や銀行を利用するしかありません。しかし、簡単にお金を借りることができるわけではありません。消費者金融でも、銀行でも、必ず通らなけてはならないのは銀行でお金を借りる審査です。この審査に通らなければ、どんなにお金を借りたくてもできないのです。
消費者金融の審査では、主に現在の収入と過去の借入履歴について調べられます。お金を貸す人に返済能力がなければ、お金を貸すわけにはいきません。また過去に延滞や滞納を繰り返したり、ブラックリストに載るような、金銭トラブル(未完済の借金がある等)がある場合にも審査には通りません。このような情報は、信用情報機関を通して、共有されています。それぞれの情報は消費者金融と信販会社でも繋がっています。
もちろん銀行においても審査があります。銀行は消費者金融の金利と比べると安価で、返済期間も長いことが特徴です。お金を借りる側からすれば、非常に助かりますが、このサービスを受けるための審査は非常に厳しくなっています。

Tags:

プロミスの便利な使い方について

10月 8th, 2014

プロミスのフリーキャッシングは、低金利で使いやすいカードローンとしでくの利用者から支持されるローン商品です。取引はインターネットで完結するほか、即日融資や当日振込にも対応しでれます。
またカードローンで困ったことがあれば、心強い安心のサポート受けることができます。プロミスには「お客様サービスプラザ」と呼ばれるスタッフ在中の店頭窓口が存在します。
ここでは、返済やあらゆるお金の悩みを「プロミスマネーアドバイザー」に相談することが出来ます。初めで方は、ぜひいちど利用しででださい。ただし、プロミスの有人店舗は無人店舗に比べで舗数が多くありません。主要都市部などに限定されるので、プロミス公式サイトから店舗情報を確認しででださい。
プロミス 口コミを見で申し込み方法も非常に簡単です。パソコンから申し込むことも出来、最近ではスマートフォンから申し込み手続きをするも可能です。
また親会社である三井住友銀行で、カードの申し込みをすることも可能です。ただこれは、銀行内の窓口を利用するものではありません。銀行に設置されたローン契約機を使っでし込んでください。
ローン契約機の操作方法は、プロミスの無人契約とほとんど同じです。わからないことがあれば、受話器を通じでペレーターが丁寧に対応しでれます。
またお客様サービスプラザでも、この店カードローンの申し込みが出来るので、その場で申し込むのも良いでしょう。

Tags:

カードローン審査における在籍確認について

8月 31st, 2014

カードローンの審査項目の一つに「在籍確認」というものがあります。
「在籍確認」とは、申込書に申告した勤務先にきちんと勤めていることを確認することです。
その方法は、勤務先にカード会社から電話をかける方法で行われます。
「会社に電話がかかってくると、カードローンを申込んだことが会社側にばれてしまうのでは?」
このように不安に感じる方も多いと思われます。
しかし、実際ではそのようなことはありません。
まず、電話をかける担当者は、会社名ではなく個人名を名乗ってかけてきます。
決してカード会社を名乗ることはありませんので、安心して下さい。
そして、必ずしもその電話に本人が出る必要もありません。
会議や外出でも、代わりの方が「○○は席を外しています」と伝えるでしょうから、これで在籍していることが確認できるのです。
審査を行う側としては、本人がその会社に勤めていることが確認できればいいのです。
在籍確認は、通常は審査の最終段階で行われるようです。
会社に電話をかけてから、審査に合わないとなっても、審査側にとっては何もメリットがありません。
カードローン 審査の在籍確認が取れれば、ほぼ審査に合格したと考えてもいいかもしれません。
一方、在籍確認が取れなければ審査が完了しません。
最近の企業側のセキュリティーでは、知らない電話は取り次がない先も登場しています。
その他の理由で、在籍確認を行うことが難しい場合には、あらかじめ審査担当者に相談するようにしておきましょう。

Tags:

カードローンとの違い、クレジットカードは消費者金融と同じグループ

7月 11th, 2014

銀行のカードローン、そしてクレジットカード、そこには大きな違いがあります。
そもそも銀行のカードローンは銀行法によって管理されているものであり、クレジットカードのキャッシング枠は貸金業によって管理されている消費者金融のグループとなります。
クレジットカードもキャッシングには役立ちます。
総量規制の対象となっていますので消費者金融からの借り入れと合わせて考えなければなりませんが、もともとクレジットカードを所有しているときには急な借り入れにキャッシング枠が使えます。
新しく借り入れ先を探して契約する必要がなくなりますので、急なキャッシングで返済がすぐにできるようであればクレジットカードのキャッシング枠は便利になっています。
しかし消費者金融と同じグループと考えてください。
金利は消費者金融と同等になっており長期間の借り入れに適しているものではありません。
また、融資限度額が大きくはないことも特徴となります。
クレジットカードのキャッシング枠はあくまでも付帯サービスでありメインはショッピング機能になっています。
そのためキャッシング枠の限度額は小さく設定されていることが多くなるものです。
消費者金融と変わらない使い方になるクレジットカードのキャッシング枠ではありますが、急な借り入れに適していることは大きいでしょう。
今、借り入れを考えているときにその金額が小さくすぐに返済ができるのであればすでに持っているクレジットカードが役立つかもしれません。

Tags: