カードローンとの違い、クレジットカードは消費者金融と同じグループ

7月 11th, 2014

銀行のカードローン、そしてクレジットカード、そこには大きな違いがあります。
そもそも銀行のカードローンは銀行法によって管理されているものであり、クレジットカードのキャッシング枠は貸金業によって管理されている消費者金融のグループとなります。
クレジットカードもキャッシングには役立ちます。
総量規制の対象となっていますので消費者金融からの借り入れと合わせて考えなければなりませんが、もともとクレジットカードを所有しているときには急な借り入れにキャッシング枠が使えます。
新しく借り入れ先を探して契約する必要がなくなりますので、急なキャッシングで返済がすぐにできるようであればクレジットカードのキャッシング枠は便利になっています。
しかし消費者金融と同じグループと考えてください。
金利は消費者金融と同等になっており長期間の借り入れに適しているものではありません。
また、融資限度額が大きくはないことも特徴となります。
クレジットカードのキャッシング枠はあくまでも付帯サービスでありメインはショッピング機能になっています。
そのためキャッシング枠の限度額は小さく設定されていることが多くなるものです。
消費者金融と変わらない使い方になるクレジットカードのキャッシング枠ではありますが、急な借り入れに適していることは大きいでしょう。
今、借り入れを考えているときにその金額が小さくすぐに返済ができるのであればすでに持っているクレジットカードが役立つかもしれません。

Tags: